内容証明郵便の書き方

内容証明郵便とは

一般的に内容証明郵便は、
意思表示したことやその内容を証拠書類として残すために利用されます。

消滅時効の援用は
時効期間の経過とともに確定的に生ずるものではなく、時効が援用されたときに初めて確定的に生ずる
とされています。

そのため、消滅時効の援用は、債権者に対し”時効の援用をする”と意思表示をしないと効力を発揮できません。

そこで時効の援用をするためには
意思表示した内容を証拠書類として残される内容証明郵便で意思表示する必要があるのです。

消滅時効援用 内容証明郵便の文例

私は今般、本書面にて貴社が請求されております以下の債権につきまして消滅時効を援用致します。

ご請求債権に時効中断事由がないのであれば、今後一切、私への請求を行わないようにお願いします。また、万が一時効中断事由があるのであれば、その詳細を私に文書にて回答頂きたくよう併せてお願いします。

債権の表示 
お客様番号 ○○○○-○○○○
契約番号  ○○○-○○○○

※ご自身でも内容証明郵便を作成し、時効の援用を主張することは出来ますが、時効通知をした後でも請求をしてくる悪質な貸金業者も存在します。そのため、実際に内容証明郵便の作成・送付にあたっては、専門家に相談することをお勧めします。

この記事をシェアしますか?Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on Pinterest