時効の援用をすると、住宅ローンが通らない?

時効の援用と信用情報

消滅時効の援用をした後で、住宅ローンの審査が通らないことがあります。

住宅ローンを申し込んだ際に、金融機関が、あなたの信用情報をもとに融資をするべきか審査します。
そこで、あなたがもし、過去の債務で借金返済を延滞していたら
信用情報にはそのまま事故情報が残ったまま、その後の融資や、住宅ローンやクレジットカードを使用できなくなってしまうのです。

そもそも、時効の援用が適用された後は、法的な支払い義務は無くなります。
そこで信用情報にも借金延滞の情報が消えるはずだと考えがちですが、すべてがそうというわけではありません。
法的な支払い義務は無くなっても、借金自体は残っているという(自然債務といいます)考え方も存在するのです。

信用情報まで削除してくれるかは貸金業者によって様々であり
時効の援用を認めても、自然債務という考え方から、信用情報期間に対してなにも報告しない業者もあります。

信用情報機関について

時効の援用後、信用情報にまだ事故情報が残っていて、
信用情報機関に問い合わせた場合、信用情報機関によっても対応が少し異なってきます。

例えば日本信用情報機構(JICC)では、加盟企業から消滅時効の援用があった旨の報告があると
該当情報を削除して、ブラックリストが消える扱いになるようです。</span>

これに対してCICの場合は加盟企業から消滅時効の援用の旨の報告があっても、「契約終了」と報告されるだけで
その報告がされてから5年間は事故情報が掲載されたままになってしまいます。

信用情報機関開示請求の相談なら、アヴァンスへ

233_16

業界有数の時効の援用処理件数!多種多様な案件を扱っており、債権回収会社からの対応もバッチリサポート!
豊富な実績案件毎に担当の行政書士を設けるので、詳しい面談相談を応じます。日本全国どこでも対応可能!

アヴァンス行政書士法人の詳細情報はコチラ!

 

終わりに

時効の援用後に住宅ローンやクレジットカードが作れない・借りられないと悩んでいる方はまず信用情報の開示請求をおすすめします。
有名なところでは上記で触れた、日本信用情報機構(JICC)CICです。
この二件は料金1000円を支払えば、個人でも開示請求が可能ですし
前者の方法でなくとも、近所に信用情報機関があれば窓口まで足を運んで、開示請求することもできます。

開示請求をして、「貸し倒れ」や「契約終了」と記載され事故情報が残ったままで、ローンができないという場合
本人名義ではなく、両親や親族の名前でローンを申請すると、完済するまで名義を変更しないという特約もつけられるケースがあるようです。

住宅ローンの審査は融資してくれる銀行にもよるかと思いますが、事故情報はもちろん現在の収入や勤務年数などを考慮して判断されます。
5年経って、事故情報が消えたからといって借金を踏み倒して、時効の援用をしたという事実は、完全に切れるものではありませんし
実際に、踏み倒したローン会社が保証する銀行ローンは事故情報が消えてしまっても、自社情報が永久に残っているパターンもあります。

今後、住宅ローン等を考えている型は、よく考えて消滅時効の援用を活用してください。
計画的な債務整理や、こういった時効の援用の相談をする際には、ひとりで考えるのではなく、専門家に相談することもひとつの手です。

この記事をシェアしますか?Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on Pinterest