時効援用後のローン・クレジットカード

時効の援用後の個人信用情報について

時効の援用をすれば債務は消滅して、返済義務もなくなります。
債務によって登録された個人信用情報も
日本信用情報機構(JICC)では時効の援用を行えば、個人信用情報はいずれ削除されます。

しかし個人信用情報は信用情報機関によって削除されるかどうかは異なり
たとえば株式会社シー・アイ・シー(CIC)では、一般的に5年間は事故情報として掲載され続けます。
事故情報として登録されてしまうとその情報は、クレジットカードの契約やローンの審査にも影響を及ぼします。

事故情報が信用情報機関に登録されているかどうかは情報開示を行うことで
詳細を確認することが出来ますので、気になる方は行ってみるといいでしょう。

また、時効援用後も債権者が信用情報の訂正をしない場合は、信用情報機関に調査確認依頼をするという方法があります。
この調査確認依頼により、債権者が登録内容は事実と異なると判断した場合、掲載されている事故情報は削除されることになります。

時効援用手続きを行うことにより
将来的に住宅ローンや車のローンを組むことや、クレジットカードを契約することも可能となります。

関連記事

時効の援用をすると、住宅ローンが通らない?
時効が完成した後に返済をしたら

この記事をシェアしますか?Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on Pinterest