時効の援用について

時効とは、時効期間が過ぎれば自然に成立するものではなく、時効が完成するには時効によって利益を受ける者が、時効が成立したことを主張する必要があります。

時効の援用とは、時効によって利益を受ける者が「時効が成立しているからもう借金を支払う義務はない」(消滅時効援用の意思表示)と主張することを言います。

時効による権利の取得・消滅は、法律の定める時効期間が経過しただけで自動的に効力が生じるものではありません。

債権者に対して、時効の援用を主張することではじめて支払い義務は免除されます。

消滅時効の援用には遡及効があるため、起因する時点まで遡上し消滅します。

つまり、最初の未納時点に遡って、未納した事実自体がなかったことになるのです。

なぜ時効の援用をする必要があるのか?

借金の時効は、期間が経過したからといって自動的に成立するものではありません。そのため、時効の援用という手続きが必要になります。

借金をされている方の中には、時効によって借金が帳消しになるのは道義的に反するため、借りたものは自分で返済していきたいと考える人もいます。

そのため、法律には時効の成立要件で定められた期間が経過した後に、時効の利益を受けるかどうかを、借金をした人自身に任せているのです。

以上のような理由から、時効の利益を受けるかどうかを債権者に対して明らかにするため、時効を成立させるには、時効の援用手続きが必要であるということになっているのです。